35歳共働きママののほほ~んマタニティ&育児日記

~妊活を乗り越えて、ついにママになりました!!~

ストロー飲みの練習ができる『リッチェル(Richell)のアクリアいきなりストローマグセット』が使いやすい!!

生後5ヶ月になると、そろそろ離乳食を始める時期になりますね。

赤ちゃんに離乳食を食べさせているお母さんのイラスト

我が家では、離乳食を始める前に、まずお茶を飲む練習をさせました。

ミルクや母乳以外、白湯さえも飲ませたことがなかった我が息子。初めて口にするお茶はおいしく飲めるのだろうか?

そこで、活躍したのが、ストロー飲みの練習ができる『リッチェル(Richell)のアクリアいきなりストローマグセット』。

今回は、そのレビューをお伝えしたいと思います。

【目次】

 

リッチェル(Richell)のアクリアいきなりストローマグセットとは?

 ストロー飲みの練習ができる「コップでマグ ストロータイプ」とスタイリッシュなクリアボトルの「おでかけストローマグ」がセットになったものです。

 

 コップでマグ ストロータイプ

一般的なストローマグは8ヶ月からのものがほとんどですが、「コップでマグ ストロータイプ」は6ヶ月頃から、いきなりストローから開始できる新発想のマグです。

 

【はじめてのストロートレーニングにぴったりな理由】

フタのPUSHマークを押すと、飲み物がストローから出てきます。

      ↓

赤ちゃんのお口に飲み物が入る動作を繰り返すことで、ストロー飲みが覚えられます。

(引用:https://www.richell.co.jp/shop/baby/detail/41021

 

おでかけストローマグ

「おでかけストローマグ」は、「コップでマグ ストロータイプ」と同じ飲み口形状のため、違和感なくスムーズにステップアップできます。 

 

リッチェルのマグをオススメする理由

リッチェルのマグをおすすめする理由。

それは、中身が漏れないから

他のメーカーのマグを使っているママ友の「漏れてくるからジップロックに入れて持ち歩いている」という声をよく聞きます。

その点、リッチェルのマグを使っていて、今まで漏れて困ったことは一度もありません。

毎日のように持ち歩くマグ。漏れないことってとっても重要です。だから、おススメなのです。

新しくなった圧抜き弁構造は特許出願中だそうですよ。

 

息子の様子

コップでマグ ストロータイプを使い始めた頃は、口にくわえたストローからお茶が出てくる度に変な顔をしていました。きっと変な感触なのでしょうね。当然、飲み込めるはずもなく、いわゆるだだもれでした。

しかし、そのうちと言いますか、気づいた時には、上手にストローを吸うようになっていました。そして、自ら両手で取っ手を持ち、ストローで上手に飲むようになりました。

おでかけストローマグへの移行も大変スムーズでした。

 

今ではおでかけストローマグは我が家の必需品です。

成長するにつれお茶を飲む量が増えてきたため、1歳頃には360mLの大きい方のマグを購入しました。

自宅や近くの散歩では小さい方を、1日お出かけするときは大きい方を持ち歩いています。

 

まとめ

 暑い季節になってきました。赤ちゃんや子どもたちはたくさん汗をかきます。熱中症予防のためにも、いつも以上にこまめに水分補給を心掛けることが大切ですね!!

おすすめの「リッチェルのアクリアいきなりストローマグセット」を紹介しました。

普段から使い慣れているお気に入りのマグがあれば、赤ちゃんや子どもたちもお茶などの水分を喜んで飲んでくれるかもしれませんね!!